私たちは東京都八王子市の印刷屋です。企業のダイレクトメール、パンフレットやチラシ、封筒などの印刷を承っています。企業の各種挨拶状印刷の経験を生かし、定年退職や転勤の挨拶状、自分史や趣味の写真集など、パーソナル用途の印刷も承っています。また、大学や高校の学園祭のパンフレットやポスター、研究発表会の資料などの印刷や製本も承っています。

 



アプリケーションについて

OFFICEアプリケーションのデータ入稿

フォント環境の一致
 トラブルなく版を出力するためには、データを作る側(お客様)と出力する側(弊社)とのフォント環境が一致していることが最低条件です。Windows 2000でMicrosoft Word 2000をお使いの場合と、Windows XPでMicrosoft Word 2003をお使いの場合でも違います。そのため、「OSは何ですか?バージョンはいくつですか?」ということをお伺いするわけです。日頃印刷屋に渡すデータなど無縁の方にはなんとも面倒くさいことかもしれませんが、自分の制作環境を把握しておくことが第一歩です。
 この制約をなくすものとして、PDFがあります。しかし、OFFICEアプリケーションのユーザー様のPDFデータの多くは、簡便なPDF作成ソフトで制作されておりトラブルの原因になることがあります。私たちは、Adobe Acrobat Proをご使用でない場合は、PDFではなく元のデータでの入稿をお願いしています。

バンドルフォント以外使わない
 アプリケーションにはたくさんの書体が付属しています。私たちはその全てに対応することは不可能です。ご持参いただいたフォントをインストールするという方法もありますが、個々に対応していてはきりがありません。私たちが入稿可能とするアプリケーションにバンドルされたフォントとMS明朝体、MSゴシック体以外は使わないようにしてください。宛名ソフトなどをインストールしたパソコンで制作する場合には特にご注意ください。
 Windows Vista上の、Microsoft Office 2007及びJustsystem JUST Suite 2008にバンドルされたフォントは
こちらをご覧ください。

入稿可能なOFFICEアプリケーション

Windows 2000/Microsoft Word 2000/Excel 2000/Power Point 2000
Windows XP/Microsoft Word 2003/Excel 2003/Power Point 2003、Justsystem 一太郎2006/花子2006
Windows Vista/Microsoft Word 2007/Excel 2007/Power Point 2007/Publisher 2007、Justsystem 一太郎2008/花子2008
Macintosh/Microsoft Word 2004 for Mac/Excel 2004 for Mac/Power Point 2004 for Mac/Microsoft Word 2008 for Mac/Excel 2008 for Mac/Power Point 2008 for Mac

Officeアプリケーションの泣きどころ

オフセット印刷ではCMYKの4色でカラーを表現します。一方、Microsoft WordやJustsystem一太郎などのOfficeアプリケーションはRGBデータで、CMYKには対応していません。印刷用データとしてRGBからCMYKに変換すると、下の写真のように色がかわります。(変化の具合を分かりやすくするため若干強調しています。)


DTPアプリケーションのデータ入稿

Macintosh
Adobe Creative Suite 3 DESIGN PREMIUM
 Photoshop CS3、Illustrator CS3、InDesign CS3、Adobe Acrobat 8.0まで
QuarkXPress 6.5J、4.1J

Windows(2000、XP)
Adobe Creative Suite 2
 Photoshop CS2、Illustrator CS2、InDesign CS2、Adobe Acrobat 7.0まで

Windows Vista
Adobe Creative Suite 3 DESIGN PREMIUM
 Photoshop CS3、Illustrator CS3、InDesign CS3、Adobe Acrobat 8.0まで

私たちは、制作された環境により近い環境で出力すれば、トラブルのない出力ができると考え、下記の環境を用意しています。
  1. Intel Mac+Adobe CS 3、QuarkXPress 6.5 Mac OS 10.4.11
  2. Mac G5+Adobe CS 2まで Mac OS 10.4.11
  3. Mac G4+Adobe InDesign 2.0、Illustrator 9
      QuarkXPress 4.1まで Mac OS 9.2
  4. Windows 2000+Adobe CS まで
  5. Windows XP+Adobe CS 2まで
  6. Windows Vista+Adobe CS 3まで

データ入稿の際に、制作環境(OSとアプリケーションのバージョン)をお知らせください。データチェックシートをご利用ください。



入稿可能なフォントについて

OFFICEアプリケーション
 MS明朝体、MSゴシック体、および私たちが入稿可能とするアプリケーションにバンドルされたフォント。

DTPアプリケーション

Macintosh
 モリサワの全書体が使用可能です。ダイナフォントのOpenType 150も使えます。その他、Adobe InDesignにバンドルされた小塚ファミリーも使えます。

Windows
 モリサワのオープンタイプ全書体が使用可能です。

※上記のフォントはPDF化を前提にしています。MacintoshのQuarkXPress 4.1JやAdobe InDesignの下位バージョンでCIDフォントをご使用の場合は、
こちらのフォントをお使いください。



最低限守っていただきたいこと

OFFICEアプリケーションの場合
  1. プリンタ出力を添付してください。
  2. フォント環境を一致させてください。(画像ボックス内のフォントを含む)
  3. デジカメの写真は高解像度のものを使ってください。解像度が分からない場合は、保存できる写真の枚数が一番少ない設定にして撮影すればほぼ大丈夫です。
  4. ホームページの写真は使わない。会社やお店のホームページに載せた写真を使って近隣にチラシをまきたい、というケースも少なくありません。しかしホームページの写真は低解像度の写真の典型です。また、他社のホームページの写真を無断で流用すると、著作権を侵害することになりますのでご注意ください。
  5. 文字を太字(Bold)にしない。太字にすると、文字がつぶれることがあり不鮮明になります。太字にしないで、「太い書体を」使うようにしてください。


DTPアプリケーションの場合
  1. プリンタ出力を添付してください。
  2. 配置した画像はすべて添付してください。
  3. 書類のカラー設定をCMYKにしてください。これが基本です。
  4. 画像のカラーモードをCMYKに、デジカメの写真もCMYKにしてください。
  5. 写真の解像度は実寸で300〜350PPIが標準です。少なくとも250PPI以上にしてください。(注:目延ばしは絶対にしないでください。)
  6. Adobe Illustratorのデータはすべてアウトライン化してください。
  7. Adobe InDesignやQuarkXPressに配置するEPS画像内のフォントもアウトライン化してください。




チェックシート

印刷申込書兼データチェックシートは
こちらからダウンロードできます。
有限会社エーアイ印刷 192-0061 東京都八王子市平岡町16-1 TEL 042-626-9061 FAX. 042-620-3731
Copyright (C) 2001-2008 A. I. Printing Allright Reserved